作成者別アーカイブ: wpmaster

ビジネスパーソンのための人間関係がうまくいくアンガーマネジメント1

とくに上司はアンガーマネジメントを学んだほうがよい

ビジネスパーソンのための人間関係がうまくいくアンガーマネジメント

 上司との関係がストレスの原因に

 多くの人にとって、1日の大半を過ごす職場。その時間が楽しいか、苦痛に満ちているか、それを決める大きな要素として「職場の人間関係」が挙げられます。

 マンパワーグループの調査によれば、20~50代の正社員の男女で、仕事上でストレスが「とてもある」人は33.0%、「どちらかと言えばある」人は42.8%。ストレスの原因(複数回答可)で一番多かったのは「上司との関係」で、男性46.3%、女性42.9%が挙げています(※1)

 さらに、日本アンガーマネジメント協会の調査では、3年以内に辞めた新卒への「どうすれば退職を回避できたと思いますか?」という質問への回答の第1位は「上司との良好な関係」で28.2%、第2位は「(上司からの)適切な叱られ方」で22.6%でした。逆に、新卒で入社し4年以上在籍している人が「退職を回避できた理由」は、第1位が「同僚との良好な関係」で31.9%でした(※2)。

 すなわち、これら2つの調査結果から、職場のストレスには、「上司との人間関係」が起因していることと、「同僚との良好な人間関係」が、退職の回避に役立っていることがわかります。


 現代はストレスを感じやすい時代

 人は「感情の生き物」と言われますが、家庭、プライベートのみならず、職場でもさまざまな気持ちを感じて、毎日を送っています。職場で嬉しいことがあれば、やる気が高まりますが、職場で怒りや悲しみを感じることがあれば、やる気を失い、職場に行くのが苦痛にもなります。

 現代の企業が置かれている経営環境は、グローバル化で競争が激化し、経営の効率化が求められると同時に、仕事への要求が高難度化し、働く人がストレスを感じやすい状態にあります。

 加えて、正規・非正規など雇用条件の違う社員、外国人やデジタルネイティブと呼ばれる世代など、異なる考え方、価値観の人が一緒に働いており、互いの理解不足から怒りが生まれやすい状況にあります。

 職場の人間関係のトラブルが発生すると、ストレスが高まり、仕事の生産性や質の低下、離職(定着率の悪化)にもつながります。

 そういったなか、ビジネスパーソン、とくに上司である管理職が「アンガーマネジメント」を学ぶことにより、パワーハラスメント防止だけでなく、よりよい部下指導、チームビルディングができるようになります。ひいては、部署全体の仕事の生産性向上、質の向上、結果的に、業績アップにもつながります。

このコラムでは、ビジネスパーソン向けに、仕事での人間関係がうまくいくためのアンガーマネジメントについて書いていきたいと思います。


 ※1 マンパワーグループ 職場環境の改善は人間関係がポイントに!? 従業員の7割以上がストレスを実感  http://www.manpowergroup.jp/navi/jinji/surveydata/1610_001.html

※2 日本アンガーマネジメント協会 新卒3年以内の離職に関して、怒りに関する調査結果を発表 https://www.angermanagement.co.jp/pr20170324

「ポケモンGO」に腹を立てる人について考える

ポケモンGOスマートフォンのゲーム「ポケモンGO」は、調査会社のヴァリューズによれば、7月22日の日本での配信後3日間で、1147万人が国内でダウンロードしたと推計されています。

テレビでは、「ポケモンGO」をしに街に集まって来ている人たちの様子に加えて、「ポケモンGO」が原因の交通事故やトラブル、ゲームのアイテムを収集できる「ポケストップ」の削除を希望する施設などのニュースが連日流れています。

すっかり旬の話題になっている「ポケモンGO」ですが、このゲームをする人たちに対して、Facebookその他で、強い怒りの声を発する人たちもいます。

そこで、この「ポケモンGO」に腹を立てている人たちを、アンガーマネジメント的に考えてみましょう。

最初に断わっておきますが、私は、「ポケモンGO」をするのもしないのも、大人は本人の自由、子どもは、保護者と本人の合意によると思っています。

「ポケモンGO」のどこに腹が立つのか?

まず、「ポケモンGO」に腹を立てている人たちは、どこに腹を立てているのか、目についた意見をまとめてみました。

・流行にすぐ踊らされる人たちに腹が立つ。自分の頭で考えられない、軽薄な人たちだと感じる

・子どもならともかく、40代以上の大人や、エグゼクティブ(上級管理職)までやっている。ゲームにうつつを抜かすなど、時間の無駄で、何のメリットもない。分別のなさに腹が立つ

・「歩きスマホ」が問題になっているのに、「歩きスマホ」そのもののゲーム。マナー意識や問題意識の低さに腹が立つ

・GPSを使ったゲームで、個人の位置情報が明らかになるのに、その危険性を理解していない。セキュリティ意識の低さに腹が立つ

・レアなポケモンを出すことで、多くの人を特定の場所に集めることができる。その危険性を理解していない

・神社その他の神聖な場所や学校など教育の場で、ゲームに興じることはふさわしくない。職場も然り。そういう意識のない人たちに腹が立つ。不法侵入などもってのほか

その他の理由も挙げられていますが、「ポケモンGO」に腹を立てている人たちは、やっている人たちを「程度が低い」と感じているようです。自分の頭で考えられない、大人としての分別がない、マナーやセキュリティの意識が低いと見なしているようです。

そういう「程度が低い」人がたくさんいることに対して、信じられない、気持ちが悪い、腹立たしいと言っています。

 「ポケモンGO」に怒っている人の「こうあるべき」

私たちは、自分の「こうあるべき(こうあるべきではない)」という考え、価値観と異なる現実(人、出来事)に対して、怒りを感じます。

「ポケモンGO」に腹を立てている人の「こうあるべき」は、「分別のある大人は、ゲームに興じるべきではない」「流行に飛びついたり、踊らされたりするべきではない」「マナーやセキュリティなどの意識を持つべき」ではないでしょうか?

逆に言うと、「私は、そんな程度の低い人ではありませんよ」「自分の頭で物事を考え、マナーやセキュリティの意識もあり、分別のある大人ですよ」ということを、自分に確認し、まわりの人にも伝えたいのかもしれません。

冷静に考えてみれば、世の中には、各人が「程度が低い」と感じる人も「程度が高い」あるいは「同じ程度」と感じる人もいるわけですから、わざわざ「程度が低い人は、程度が低くて腹が立つ」とアピールしなくてもよさそうなものです。

 それなのになぜアピールしたくなるのか?
「ポケモンGO」が注目を集めているからでしょう。自分が「程度が低い」と思っているのに注目を集めているのが解せない、気に入らないので、わざわざ言いたくなるのかもしれません。

「6秒待とう!」のポスター貼ってます~第2弾

6秒待とう!

長崎市ふれあい掲示板の下記の場所(Dグループの場所)に、4月15日まで、右のポスターを貼っています。

場所

  • 中央橋バス停(中島川側)
  • 市役所前駐輪場
  • 長崎土木事務所前(住吉町)
  • 稲佐地区コミュニティ消防センター前
  • 滑石集会所前バス停
  • 油木町バス停
  • 宝町バス停
  • 本原県営住宅前
  • 戸町中学校裏バス
  • 東長崎支所

お近くをお通りの際は、ご覧になってみてください。

内容は、長崎での今後のセミナーの予定です。 → セミナーの予定(長崎、福岡、東京)

6秒待とう!

「6秒待とう!」のポスター貼ってます

6秒待とう!長崎市ふれあい掲示板の下記の場所(Bグループの場所)に、2月中、右のポスターを貼っています。

場所

  • 長崎駅高架下(バス停付近)
  • 諏訪神社バス停付近(西山バイパス方面)
  • 県庁前(左)
  • 住吉中央公園(チトセピア付近、北消防署跡地)
  • 平床公園内(聖マリア学院付近)
  • 梁川公園前
  • 滑石平宗公園前
  • 里中野郷会館前(浦上天主堂付近)
  • 日見宿町アパート付近(八坂神社バス停)
  • 大波止ターミナル

また、リラックスラボさん(長崎市江里町)の前にも貼っていただいています。

お近くをお通りの際は、ご覧になってみてください。

6秒待とう!

社長が怒りをマネジメントすれば会社がうまくいく ~アンガーマネジメント経営のすすめ~ 第1回 考え方を変えるとうまくいく?

うまくいっている経営者の考え方

 アンガーマネジメント? うまくいく考え方?怒りの感情と上手に付き合う心理トレーニング「アンガーマネジメント」に、そもそも私が興味をもったのは、この考え方には、うまくいっている経営者の考え方と共通するものがあると思ったからです。

私はこれまで仕事で5000人以上の経営者を取材したり、経営コンサルティングしたりしていますが、うまくいっている経営者は「うまくいく考え方」を、うまくいっていない経営者は「うまくいかない考え方」をしているのではないかと感じます。

この「考え方」と「結果」は、考え方が先です。うまくいっているから、そのような考え方になったのではなく、「うまくいく考え方」だったからうまくいったように感じます。

私は、この「うまくいく考え方」と共通するものが、「アンガーマネジメントの考え方」にもありそうだと感じ、詳しく知りたいと思い、アンガーマネジメントを学びはじめました。

アンガーマネジメントは、怒らない人になったり、ましてや、怒りを我慢し溜め込んだりするのではなく、腹立たしい原因を探り、必要に応じて原因の改善を図ります。精神論とは異なる、合理的な考え方・対処法と言えます。

考えを切り替えて成功した例

経営者が「うまくいかない考え方」から「うまくいく考え方」に切り替え、同時に、怒りをマネジメントした結果、成功につながった例として、私が真っ先に思い浮かぶのは、アメリカ・シアトルの「パイク・プレイス魚市場」です。

「フィッシュ!」 ここは、店員が魚を投げるパフォーマンスで有名になった店で、2000年に「フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方」という本と、2004年に「魚が飛んで成功がやってきた―FISH!の社長が自ら明かす活きのいい組織のつくり方」という本も出されています。

後者に、パイク・プレイス魚市場の経営者である日系のジョン・ヨコヤマ氏は、当初、従業員に、絶えず激怒し、怒りをぶちまけ、「ひどく怒りっぽい自分に疲れ、一人で憤っていることにも疲れていた」と書かれています。
当時、同氏はほとんど休暇もとらずに働いていたにもかかわらず、「他の多くの零細企業と同じように、私の店もそれほど儲かっていたわけではなかった」のです。

魚が飛んで成功がやってきた」ところが、ヨコヤマ氏がコンサルティングを受け、考え方を変え、大きなビジョン「世界に名立たるパイク・プレイス魚市場」を掲げ、企業文化を変えてから、「アメリカ全土で面積あたりの売上高がわが社を上回る小売店を探すのが難しいほどになった。スタッフの定着率もすばらしくよくな」りました。

ヨコヤマ氏はもちろん、「わが社の社員は(怒っている客や同僚に対しても)自分の感情をコントロールできる」ようにもなり、成功につながっています。

これらの本は、私がアンガーマネジメントを学ぶ前に読んだものですが、これらの本に書かれていた「経営者の怒り」は、私が接してきた経営者にも多く見られる「怒り」です。経営者が従業員に怒りを感じる場合の「怒りのツボ」は、ほぼ共通しています。

そして、この「怒りのツボ」につながる考え方がどこから来ているかを理解し、違う発想に変え、そこから至る違う行動をすれば、うまくいくのではないかと思います。

この連載ブログでは、今後、
・アンガーマネジメントの基本
・経営者の怒りのツボ
・経営者へのアンガーマネジメント
などについて書いていきます。

「フィッシュ!」と「魚が飛んで成功がやってきた」に関しては、自分のブログで、2011年に紹介しています。こちらも合わせてどうぞ

Amazonで「フィッシュ!」を見る
Amazonで「魚が飛んで成功がやってきた」(中古のみ)を見る

アンガーマネジメント協会のWEBマガジンがスタート

WEB MAGAZINE最新のINDEXはこちら

日本アンガーマネジメント協会のサイトで、今月からWEBマガジンがスタートしています。

アンガーマネジメントって何? アンガーマネジメントに関する出来事、お悩み相談など、協会のアンガーマネジメントファシリテーターが記事を書き、毎週火曜日と木曜日にお届けしています。

アンガーマネジメントに関して知りたいこと、お悩みなど、お寄せください(編集担当:川嵜)

新着記事
本日アップ! 大分の放火事件をアンガーマネジメント的に検証


INDEX

アンガーマネジメントって何?
アンガーマネジメントでこころとからだを健康に(7/3)
アンガーマネジメントで家庭や学校をよい環境に(7/7)

アンガーお悩み相談
雑談が多く頼んだ仕事を放置するアルバイトにイライラ(7/9)

最近のニュースを検証
大分の放火事件をアンガーマネジメント的に検証(7/14)

「アンガーマネジメント怒らない伝え方」―― アンガーマネジメント関連書籍紹介

アンガーマネジメント怒らない伝え方

アンガーマネジメント怒らない伝え方
戸田久実著
かんき出版
2015年5月発行
アマゾンで見る

伝え方が難しい

腹が立ったとき、なんでも我慢するのではなく、言ったほうがよいことはうまく伝えましょう、というのがアンガーマネジメントの考え方ですが、「伝え方が難しい」とよく言われます。
「遠まわしに言ったら、相手にまったく伝わらなかった」「結局、言わずに我慢して、後でよけい腹が立った」ということも多々。

そこで、相手に伝わる言い方を、考え方と具体的な例で解説したのが、この本です。
著者の戸田久実さんは、「伝わるコミュニケーション」をテーマに、大手企業や官公庁で研修を行なっている、講師歴24年のベテラン。日本アンガーマネジメント協会の理事で、協会の講師を指導する、アンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナルでもあります。 続きを読む

職場で「死ね!」と言うとき、「熱い認知」に脳を乗っ取られている?

怒りの言葉の第1位は「死ね!」

怒りに関して、興味深い調査結果と、記事が発表されたので、紹介します。

まず、調査結果。
日本アンガーマネジメント協会が3月24日に発表した「社会人の『怒り』に関するアンケート調査」
「新社会人は要注意! 上司や先輩社員がイラッ!とくるのはこんな新入社員 STL社員(新人なのに態度Lサイズ社員)」というタイトルがついています。 続きを読む

NCC長崎文化放送で紹介いただきました

NCC長崎文化放送で、川嵜の、アンガーマネジメントについての説明、IAA(インターナショナルエアラインアカデミー)長崎校様での講座の様子が放送されました。ご覧くださった皆さま、ありがとうございました。

■テレビ局 NCC長崎文化放送
■番組 スーパーJチャンネルながさき
■日時 2015/2/17(火)18:25~ 続きを読む

「この怒り 何とかして!!と思ったら読む本」―― アンガーマネジメント関連書籍紹介

日本アンガーマネジメント協会 代表理事 安藤俊介さんの新刊(6冊目)です。

この怒り 何とかして!!と思ったら読む本「この怒り 何とかして!!と思ったら読む本」
安藤俊介著
リベラル社 2015月2月発行


■今は確実にイライラしやすい時代

ストレスの原因が増えている今の時代、怒りの種も増えています。

この本にも「昔と比べて、今は確実にイライラしやすい時代になっています」と書かれており、その理由として「価値観の多様化」「便利さ」が挙げられています。

続きを読む