タグ別アーカイブ: アンガーマネジメント

ビジネスパーソンのための人間関係がうまくいくアンガーマネジメント1

とくに上司はアンガーマネジメントを学んだほうがよい

ビジネスパーソンのための人間関係がうまくいくアンガーマネジメント

 上司との関係がストレスの原因に

 多くの人にとって、1日の大半を過ごす職場。その時間が楽しいか、苦痛に満ちているか、それを決める大きな要素として「職場の人間関係」が挙げられます。

 マンパワーグループの調査によれば、20~50代の正社員の男女で、仕事上でストレスが「とてもある」人は33.0%、「どちらかと言えばある」人は42.8%。ストレスの原因(複数回答可)で一番多かったのは「上司との関係」で、男性46.3%、女性42.9%が挙げています(※1)

 さらに、日本アンガーマネジメント協会の調査では、3年以内に辞めた新卒への「どうすれば退職を回避できたと思いますか?」という質問への回答の第1位は「上司との良好な関係」で28.2%、第2位は「(上司からの)適切な叱られ方」で22.6%でした。逆に、新卒で入社し4年以上在籍している人が「退職を回避できた理由」は、第1位が「同僚との良好な関係」で31.9%でした(※2)。

 すなわち、これら2つの調査結果から、職場のストレスには、「上司との人間関係」が起因していることと、「同僚との良好な人間関係」が、退職の回避に役立っていることがわかります。


 現代はストレスを感じやすい時代

 人は「感情の生き物」と言われますが、家庭、プライベートのみならず、職場でもさまざまな気持ちを感じて、毎日を送っています。職場で嬉しいことがあれば、やる気が高まりますが、職場で怒りや悲しみを感じることがあれば、やる気を失い、職場に行くのが苦痛にもなります。

 現代の企業が置かれている経営環境は、グローバル化で競争が激化し、経営の効率化が求められると同時に、仕事への要求が高難度化し、働く人がストレスを感じやすい状態にあります。

 加えて、正規・非正規など雇用条件の違う社員、外国人やデジタルネイティブと呼ばれる世代など、異なる考え方、価値観の人が一緒に働いており、互いの理解不足から怒りが生まれやすい状況にあります。

 職場の人間関係のトラブルが発生すると、ストレスが高まり、仕事の生産性や質の低下、離職(定着率の悪化)にもつながります。

 そういったなか、ビジネスパーソン、とくに上司である管理職が「アンガーマネジメント」を学ぶことにより、パワーハラスメント防止だけでなく、よりよい部下指導、チームビルディングができるようになります。ひいては、部署全体の仕事の生産性向上、質の向上、結果的に、業績アップにもつながります。

このコラムでは、ビジネスパーソン向けに、仕事での人間関係がうまくいくためのアンガーマネジメントについて書いていきたいと思います。


 ※1 マンパワーグループ 職場環境の改善は人間関係がポイントに!? 従業員の7割以上がストレスを実感  http://www.manpowergroup.jp/navi/jinji/surveydata/1610_001.html

※2 日本アンガーマネジメント協会 新卒3年以内の離職に関して、怒りに関する調査結果を発表 https://www.angermanagement.co.jp/pr20170324

「ポケモンGO」に腹を立てる人について考える

ポケモンGOスマートフォンのゲーム「ポケモンGO」は、調査会社のヴァリューズによれば、7月22日の日本での配信後3日間で、1147万人が国内でダウンロードしたと推計されています。

テレビでは、「ポケモンGO」をしに街に集まって来ている人たちの様子に加えて、「ポケモンGO」が原因の交通事故やトラブル、ゲームのアイテムを収集できる「ポケストップ」の削除を希望する施設などのニュースが連日流れています。

すっかり旬の話題になっている「ポケモンGO」ですが、このゲームをする人たちに対して、Facebookその他で、強い怒りの声を発する人たちもいます。

そこで、この「ポケモンGO」に腹を立てている人たちを、アンガーマネジメント的に考えてみましょう。

最初に断わっておきますが、私は、「ポケモンGO」をするのもしないのも、大人は本人の自由、子どもは、保護者と本人の合意によると思っています。

「ポケモンGO」のどこに腹が立つのか?

まず、「ポケモンGO」に腹を立てている人たちは、どこに腹を立てているのか、目についた意見をまとめてみました。

・流行にすぐ踊らされる人たちに腹が立つ。自分の頭で考えられない、軽薄な人たちだと感じる

・子どもならともかく、40代以上の大人や、エグゼクティブ(上級管理職)までやっている。ゲームにうつつを抜かすなど、時間の無駄で、何のメリットもない。分別のなさに腹が立つ

・「歩きスマホ」が問題になっているのに、「歩きスマホ」そのもののゲーム。マナー意識や問題意識の低さに腹が立つ

・GPSを使ったゲームで、個人の位置情報が明らかになるのに、その危険性を理解していない。セキュリティ意識の低さに腹が立つ

・レアなポケモンを出すことで、多くの人を特定の場所に集めることができる。その危険性を理解していない

・神社その他の神聖な場所や学校など教育の場で、ゲームに興じることはふさわしくない。職場も然り。そういう意識のない人たちに腹が立つ。不法侵入などもってのほか

その他の理由も挙げられていますが、「ポケモンGO」に腹を立てている人たちは、やっている人たちを「程度が低い」と感じているようです。自分の頭で考えられない、大人としての分別がない、マナーやセキュリティの意識が低いと見なしているようです。

そういう「程度が低い」人がたくさんいることに対して、信じられない、気持ちが悪い、腹立たしいと言っています。

 「ポケモンGO」に怒っている人の「こうあるべき」

私たちは、自分の「こうあるべき(こうあるべきではない)」という考え、価値観と異なる現実(人、出来事)に対して、怒りを感じます。

「ポケモンGO」に腹を立てている人の「こうあるべき」は、「分別のある大人は、ゲームに興じるべきではない」「流行に飛びついたり、踊らされたりするべきではない」「マナーやセキュリティなどの意識を持つべき」ではないでしょうか?

逆に言うと、「私は、そんな程度の低い人ではありませんよ」「自分の頭で物事を考え、マナーやセキュリティの意識もあり、分別のある大人ですよ」ということを、自分に確認し、まわりの人にも伝えたいのかもしれません。

冷静に考えてみれば、世の中には、各人が「程度が低い」と感じる人も「程度が高い」あるいは「同じ程度」と感じる人もいるわけですから、わざわざ「程度が低い人は、程度が低くて腹が立つ」とアピールしなくてもよさそうなものです。

 それなのになぜアピールしたくなるのか?
「ポケモンGO」が注目を集めているからでしょう。自分が「程度が低い」と思っているのに注目を集めているのが解せない、気に入らないので、わざわざ言いたくなるのかもしれません。