アンガーマネジメント 管理職の教科書

アンガーマネジメント管理職の教科書 アンガーマネジメント 管理職の教科書
川嵜昌子著/総合科学出版/2017.12.1刊/1400円+税


内容(目次)

はじめに

CHAPTER 1 リーダー、マネジャーにありがちなイライラ
・過渡期の難しい職場で管理職の負荷は増大
・「サンドウィッチ」……中間管理職の宿命
・「仕事ができる人」にありがちなイライラ
・日本人にありがちなイライラ

CHAPTER 2 アンガーマネジメントとは
・「怒ってはいけない」わけではない
・そもそも人はなぜ怒るのか?
・怒りは溢れ出た第二次感情 
・「べき」が守られないと腹が立つ
・イラッとしたときの3つのポイント

CHAPTER 3 怒る側と怒られる側のギャップ
・怒る側と怒られる側では、「べき」に対する捉え方が異なる
・仕事で怒った・怒られた影響
・上司にパワハラの認識はない
・上手な叱り方をマスターする

CHAPTER 4 「パワハラ」と感じられないための上手な叱り方 
・上司は何のために叱るのか?
・上手に叱るポイント
・悪い叱り方・NGワード

CHAPTER 5 男性社員と女性社員では、怒りのツボが違う?
・男性は「能力」を否定されると腹が立つ
・女性はちゃんと聞かない・伝えないと腹が立つ
・男性は「情報共有」を心がけよう
・女性は「任せること」を心がけよう

CHAPTER 6 上司への怒り・部下への怒り
・社会生活で満たされないと怒りにつながりやすい欲求……「承認欲求」
・上司が大切に思っていることと、そこから来る怒り……「立場が上」
・部下が大切に思っていることと、そこから来る怒り……「評価・感謝・労い」
・上司への怒りを「イラッとしたときの3つのポイント」で解決する
・部下への怒りを「イラッとしたときの3つのポイント」で解決する

CHAPTER 7 相手と自分のタイプも考慮しよう
・チャレンジングか、守りか、4つのタイプ 
・1 ファーストペンギンタイプ 
・2 リーダータイプ(セカンドペンギンタイプ) 
・3 マネジャータイプ 
・4 リスクヘッジタイプ 

CHAPTER 8 こんなときどうすればよい? ~上司への怒り
・思いつきで仕事を振ってくる役員
・役員が無理難題を言ってくる
・仕事のやり方まで指図、管理する上司
・盛り上がっている気持ちに水を差す上司
・何もやってくれない上司にイライラ
・今はパッとしない上司の自慢話にイライラ
・考えの古い上司が自分の提案を却下して怒り心頭
・部下の前で恥をかかせる上司が許せない
・経験もないのに偉そうにしている社長の息子
・怒りっぽい上司をどうにかしたい

CHAPTER 9 こんなときどうすればよい? ~部下への怒り
・部下が指示待ち、受け身で腹が立つ
・怒っても反応がなく、改善もしない部下
・報告、連絡、相談をしない部下にイライラ
・部署内のコミュニケーションが悪い
・休むとき、同僚にLINEで送る部下
・文書を送る、電話をかける、どちらが正式?
・サービス部門なのに、気が利かない部下
・会議では発言せず、陰で文句を言う部下
・「無理です。できません」という部下
・「もう私、尻拭いしませんから」と怒る部下
・ダメな部下ばかりで毎日イライラ
・元気よく返事はするが、すぐに忘れる部下
・仕事に自信がない部下
・褒めたのに、女性差別だと騒ぐ社員
・反抗的な部下が頭痛のタネ

CHAPTER 10 こんなときどうすればよい? ~他部署への怒り
・他部署の管理がルーズで、自部署が迷惑
・何でも知りたがる他部署のマネジャーが鬱陶しい
・偉そうな部署、管理職など、腹立たしい会社

CHAPTER 11 お客様からの怒り
・お客様が大切に思っていることと、そこから来る怒り……「立場が上」
・お客様の怒りにどう対応すればよいのか?
・1 クレーマータイプへの対応のしかた
・2 無理強いタイプへの対応のしかた
・3 カスタマータイプへの対応のしかた

CHAPTER 12 自分への怒り
・本当に自分に怒っている? ……思い込みから解放する
・自分に腹が立ったとき……今できることを探す
・嬉しかったこと、楽しかったことを書き出す……ハッピーログ
・セルフストーリー(未来予想図)で未来を創る

おわりに

 ⇒ amazonで見る
 ⇒ 出版記念セミナー

email this
LINEで送る
Pocket

アンガーマネジメント 管理職の教科書」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 仕事の話と大きな出来事2つ | マネジメントコンサルタント、川嵜昌子のサイト

  2. ピンバック: 本が届きました! | マネジメントコンサルタント、川嵜昌子のサイト

コメントは停止中です。